世界中では電子タバコがブームとなっています。電子タバコは普通の煙草と違い、火を使わず、噴射される水蒸気を吸引することで普通の煙草と同じような気分を味わうことができます。日本ではニコチンの販売が禁止されており、日本で購入できる電子タバコは香りのついたもの、煙草のような匂いのしたものなどが販売され、それを吸っている人がいるだけでなく、海外からニコチンを個人輸入することは認められているため、海外で販売されているニコチン入りのカートリッジをつけて楽しむ人もいます。禁煙対策としても電子タバコは注目されており、有名人などでも電子タバコを愛用している人がたくさんいます。普通の煙草とどの部分が共通し、どの部分で決定的な違いがみられるか、購入前に比較することが大切です。

見た目は違えど煙の雰囲気は同じ

電子タバコはその見た目が大変おしゃれで色とりどりのものが作られており、女性の中にはファッションの一環として電子タバコを吸う人もいます。大きさはマスカラなどの化粧品とほぼ同じで、本体とカードリッジが必要です。明らかに見た目という点では電子タバコと普通の煙草は全く異なります。一方で、煙という観点で見ると普通の煙草と同じような煙を出すことができます。煙の量は通常売られている煙草とほぼ同じ、それを上回る量を出すことができるものが出回っています。そして、煙の質という点では、火を使わないため、タールなどの発がん性物質を出さないだけでなく、水蒸気であるためすぐに消えてしまいます。副流煙の心配もなく、周囲に電子タバコの匂いがつくわけでもないため、周りを気にせず使うことができます。

普通の煙草と同じ扱いにされる電子タバコ

喫煙者からすれば、電子タバコは画期的なアイテムであり、ただでさえ煙たがられているだけにこれを機に切り替えるという人もいます。しかし、非喫煙者からすれば、電子タバコも普通の煙草も感覚は同じです。そのため、禁煙スペースで電子タバコを吸う行為はマナー違反と見なされ、白い目で見られることになります。また、粗悪品などは体に悪い成分が含まれていることもあるため、電子タバコを選ぶ際には成分などをしっかり見た上で購入することが求められます。見た目こそ、普通の煙草とは違いますが、扱われ方は同じです。電子タバコだから大丈夫ということではなく、普通の煙草を吸う時と同様のマナーが大切になります。今後マナーに関して、新たな取り組み、運動が展開されることになりそうですが、非喫煙者への配慮を欠かさないようにしていくことが必要です。